Manga Lovers Unite! LQBTQIA Titles / マンガラバーズ団結せよ!LQBTQIA編 | Los Angeles Public Library
Print this page

Manga Lovers Unite! LQBTQIA Titles / マンガラバーズ団結せよ!LQBTQIA編

Yoko Hata, Young Adult Librarian, Little Tokyo Branch Library,
10 manga titles with their book covers

LGBTQ themes are not foreign to the manga universe, and in fact, have been around for decades. The most widely read genres of LGBTQ manga are “Boy’s Love” (BL) and “Girl’s Love” (GL). The Japanese express these words in floral terms: “Bara” (Roses) for BL, and “Yuri” (Lilies) for GL. You can find a dedicated section to these genres in any Japanese bookstore.

I’d like to introduce you to some BL manga. If you are talking about BL manga, you cannot ignore “What Did You Eat Yesterday?” by Fumi Yoshinaga. The story is about a gay couple’s daily life and the many recipes they cook together. Currently, there are 11 volumes that are translated into English. The manga shows the interesting scope of what life is like for a gay couple living in Japan. Through this, you can also learn some pretty delicious recipes which are found at the end of each chapter. Fumi Yoshinaga initially built her career with BL manga but has recently expanded to other genres. You might also find other works by her such as Antiques Bakery, Ooku, and Gerard & Jacques enjoyable as well.

The next manga I’d like to share with you is Gengoroh Tagame’s My Brother’s Husband. This manga follows the stories of Yaichi, his daughter Kana, and Mike Flannagan, a Canadian man who was married to Yaichi’s brother. Kana’s thoughtful optimism will move readers.

As for the GL genre, there are many interesting stories as well. The first one I’d like to introduce you to is Kase-San by Hiromi Takashima. The manga is split into four series in English; Kase-san and Morning Glories, Kase-San and Bento, Kase-San and Shortcake, and Kase-San and Apron. Any reader will enjoy the sweet love story between shy Yamada, and confident Kase-san.

Another GL manga is Sweet Blue Flowers by Takako Shimura. We follow the stories of several characters who mature as they experience the joyous beginnings and the painful endings of relationships. Readers will seriously be looking for love after reading this manga.

Lastly, I’d like to introduce two more manga which hasn't been translated into English yet. [The Japanese titles can be found at the Little Tokyo Branch Library]. The first one is Backstreet Girls by Jasmin Gyuh. The manga is about a Yakuza boss who decides to enter into the idol business by sending three of his male goons to Thailand to transition into women. At first, they hate their lives as idols. However, they slowly realize they enjoy being idols and being women. Even if you don’t know how to read Japanese, you will enjoy the aesthetic value of Jasmin Gyuh’s artwork. The last manga I would like to introduce is Engawa no Metamorphose by Kaori Tsurutani. The manga is about a live-alone grandmother and her discovery of BL manga at a local bookstore. There, she meets a high school girl who works at the shop, and they form a heart-warming relationship through their shared interest in the BL genre.

Let’s enjoy reading manga!


マンガラバーズ団結せよ!LQBTQIA編


LGBTQのテーマは、マンガの世界ではもはや遠い国のものではなく、実際その位置は確固としたものとなっています。その中でも広く読まれているのは、”ボーイズラブ”(BL)と”ガールズラブ”(GL)です。日本語では、これらのジャンルを花に例えて表します。BLは”薔薇”(Roses)、そしてGLは”百合”(Lilies)と表現されます。日本のどの書店でも、これらのマンガの特別なコーナーが設けられています。

それでは幾つかのBLマンガをご紹介しましょう。もしあなたがBLマンガのことを語るのならば、よしながふみ作、”きのう何食べた?”を外すことはできません。ゲイカップルの日常と彼らが一緒に作る食事のレシピのお話です。現在、11巻まで英語に訳されています。日本でのゲイカップルの日常や心情を知るのに最適のマンガでしょう。各章ごとに、おいしいレシピを習うことも出来ます。よしながふみはBL漫画家としてその地位を確立しましたが、最近ではあらゆる分野のマンガにその才能を広げています。”西洋骨董洋菓子店”、”大奥”、そして”ジェラールとジャック”も、間違いなくあなたを楽しませてくれるマンガです。

次にご紹介するのは、田亀源五郎作、”弟の夫”です。このお話は、弥一とその娘夏菜、そして弥一の亡くなった弟の夫、カナダ人、マイク・フラナガンの3人の家族の物語です。夏菜の思いやりのある素直な心に、読者の皆さんは心を動かされることでしょう。

GLにも面白いマンガがたくさんあります。まず始めにご紹介するのは、高嶋ひろみの”加瀬さん”シリーズです。英語では現在、”あさがおと加瀬さん。”、”おべんとうと加瀬さん。”、”ショートケーキと加瀬さん。”そして、””エプロンと加瀬さん。”の4巻が発売されています。恥ずかしがりやの山田と、自信にあふれた加瀬さんのかわいい恋の物語を、誰でも楽しむことができるでしょう。

もうひとつのGLマンガは志村貴子の”青い花”です。読者は、心ときめく恋の始まりと辛い恋の終わりの経験による、登場人物たちの成長を見届けることになります。読後は真剣な恋をしたくなること間違いなしです。

最後に、まだ英語に訳されていないマンガを2つご紹介しましょう。どちらのマンガもリトル東京図書館で借りることができます。まず始めに、ジャスミン・ギュの”バックストリートガールス”です。このマンガは、やくざのボスが、アイドル事業を始めるために3人の子分(男性)をタイに送り込み、女性への性転換手術を受けさせます。最初は3人とも嫌々でしたが、アイドルとして人気が出るうちに、アイドルであること、女性であることに喜びを感じ始めるというお話です。もしあなたが日本語を読めなかったとしても、ジャスミン・ギュの圧倒的な画力でマンガを楽しむことが出来るでしょう。最後にご紹介するのは、鶴谷香央里の”メタモルフォーゼの縁側”です。一人暮らしの老女が、近所の本屋さんで生まれて初めてBLのマンガに出会います。そこで彼女は、その本屋でアルバイトをしている女子高生と知り合います。BLマンガがきっかけで始まった、おばあさんと女子高生の心温まるお話です。

さぁ、今月もマンガを楽しみましょう!


 

 

 

Top